多様化するニーズに

多様化する生活シーン
現代の多様化する生活シーンに伴い、家庭や職場での「お掃除」の概念も変わってきました。「拭く」「掃く」「洗う」というスタイルこそ変わっていませんが、その対象となるものが、科学的な処理で加工されたものが多くなり、同じ建物の中でもフローリングがあり、畳があり、ビニールやプラスチックなどの化学製品に至るまで、私たちはさまざまな美しい材質の建材やモノに囲まれて暮らしています。


豊かな生活

一方、便利になった生活とは裏腹に、家庭内ではカビ・ダニ・ホコリやホルムアルデヒドを起因とした、さまざまなシックハウス症状が大きな問題として取り上げられています。Life-do.Plus(ライフ堂プラス)の作っている製品はトイレットペーパーや、ティッシュペーパーのように生活必需品としてではなく、その枠を少し外れた、あれば大変便利ですが、無ければ無くても生活に問題はないという商品でした。しかしそういった現代の社会に於いては必ずしもそういった状況ではなくなっているのも事実です。また家事の役割も女性の社会進出に伴い変化し続けてきました。未だにお母さん中心ではありますが、年齢や性別を問わず、出来る人であれば誰もが家事を分担し、協力し合うというのが一般的な家庭の姿になっています。

社会的な役割
Life-do.Plusはそんな毎日の暮らしの中で、誰もが簡単に、気がついたその場でサッとお掃除や台所処理の出来る、手軽で便利な生活用品を開発し、「清潔」と「ゆとりの時間」を持って豊かな生活を送っていただく事を願い、それを商品としてご提供する事により、社会的な役割を果たしていきたいと考えています。